HOME>クチコミ>地球にやさしいBEMS!企業が取り入れるワケとは

地球にやさしいBEMS!企業が取り入れるワケとは

ビル

環境に対する配慮は、現代の企業には必須になっている部分です。環境のことを考えられないような企業は、地域住民の目も厳しくなってしまうのです。BEMSを導入すれば、環境に配慮しやすくなります。

レビュー

少しずつビル内のCO2を減らせています。【40代|男性】

当社は自然の恵みを原料に事業を行っている関係で、地球環境を守る取り組みには積極的な企業です。自社ビル内のCO2削減に取り組むためにBEMSで定点観測を行っています。しかし、データが蓄積されるにつれ、どういった部分でどのようなエネルギー消費の無駄が起こっているかも目に見えて分かるようになって来ました。CO2の削減と同時に消費電力の削減も少しずつ成功して来ており、コストメリットも同時に実現しています。設備も省エネ設計のものを導入したり、オフィスや工場の断熱効果を高めて空調効率を上げたりする取り組みも行っています。低炭素社会への取り組みは、今やらなくてもいつかは必ず取り組まなければいけなくなる問題でしょう。地球のことを考えるなら、早く始めるのに越したことはないはずです。

不要な電力を抑えることができました。【40代|男性】

BEMSによる電力の見える化で、無駄な電力を抑えることが出来ています。当社では主に始業時と残業時にピークを迎えるようなグラフでしたが、始業時の設備稼働時間を分散させたり、残業中の無駄な空調や照明のカットを徹底したりすることだけでもかなり大幅な経費削減が実現しました。計測データに基づいてフロアを細かく区画し、必要の無い部分の電力をカットするだけでこれだけ違うとは驚きです。逆に言えば、今までどれほど無駄な電力を垂れ流していたかということですから、手痛い反省材料でもあります。必要な部分をカットしているわけではないので、業務効率が下がることもなく、従業員の精神衛生上も問題ありません。グラフ化して公表することで、一人ひとりの意識向上にもつながっています。